「Mashi No Mashi」(マシのマシ)をお持ち帰り。ホリエモンプロデュースのWAGYUMAFIA系のラーメン屋

香港情報

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

今日は久々に「Mashi No Mashi」に行ってきました。

Mashi No Mashi (Wan Chai)
Japanese|Ramen|161 reviews

と言ってもお持ち帰りですが。

Mashi No Mashi」はタイトルにもあるように、あのホリエモンがプロデュースしている「Wagyumafia」系のラーメン屋さんです

日本では2020年6月、六本木に二郎系ラーメン店としてオープンして、一杯1万円という値段でニュースにもなっていました。

香港ではそれよりも早い2019年の3月にオープンしています。

香港では二郎系ではなく(定期的にWagyu Jiro Dayとして提供している)、つけん麺メインでやっております。

今日はお昼前の用事が長引いて2時前ぐらいになったので、逆にそんな並ばなくてもいいかな?と高を括っていたのですが

甘かっ・・・

店の前に着くと、誰も並んでいなかったので「ラッキー」と思ったのですが、コロナのせいで営業時短、かつ席数も制限されており。

45分待ち

との事。

予約券を発行してもらい、並びでの密を避ける為に皆さん他で時間を潰してるようでした

店内の様子

すでにお腹ペコペコの息子ちゃんが45分も待てるわけないので、諦めてお持ち帰りする事にしました。

メニューは自販機で決めて支払いも済ませるタイプです

- サムライボムつけ麺 (辛いつけ麺)165HKD(2,200円)
- 特製和牛つけ麺          150HKD(2,000円)
- 和牛どんぶり           180HKD(2,400円)
- 和牛焼き餃子           6pc 120HKD(1,600円)

さすがの値段設定

気軽にラーメンと餃子なんて頼もうものなら4千円近く取られます・・・

「Wagyumafia」系の恒例の掛け声「行ってらっしゃい」じゃないですが

お財布の中身も「行ってらっしゃいしそうです

いってらしゃ~い

10分ほどで、お持ち帰りが出来上がり、家に帰って早速実食

しっかり麺とつけ汁は別々の容器に入れられ

つけ汁の容器は、こぼれないようにラップもしてくれています。(これが結構当たり前の様で、香港では当たり前じゃないのです)

Uberなどで他のお店でスープ系の麺とか頼むとスープがこぼれていて容器がべちゃべちゃな時も多々あります・・・

容器が容器だけに少し味気ないし、つけ麺に海苔が付いていなかったのが残念でしたが

味はさすがの美味しさでした。

息子ちゃんも大満足

次回はカウンターで食べたいと思います

「Mashi No Mashi」



ランキングに参加中です
クリックしていただけるとありがたいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv11081721.gif

コメント

タイトルとURLをコピーしました