隔離中の過ごし方

未分類

隔離生活7日目

やっと今日で14日間の隔離も折り返しまでやってきました。

休みではなく、一応在宅で仕事もしているので、日中はほとんど机に向かって仕事をしています。

元々コロナの影響で、今年はほとんど在宅勤務をしていたので(今年に入ってオフィスに行った日数はトータルで1か月にも満たないと思います)特に問題は無いのですが。

前回の記事にも載せましたが、一時帰国の際に調子に乗って暴飲暴食してしまって、その上14日間の隔離生活なので、

カルカン、ねこ、まっしぐら♪

ならぬ

デブ、まっしぐら♪

なので家で実際に行っている運動についてご紹介させていただきます。(誰にニーズがあるんだ?)

ZWIFT (ズイフト)

これは、バーチャルサイクリングのアプリです(ご存じの方もいらっしゃるのでは)

公式サイトより https://zwift.com/ja

スマートトレーナーと言われる(写真自転車後部に接続されている器材)器材と自分が所有しているロードバイク、ZWIFTを連携させて室内でバーチャルサイクリングが出来る代物です。

実は一時帰国前にロードバイクを始めましてですね~

ロードバイクに誘ってくれて、一緒に走ってくれている、元会社の上司がこのスマートトレーナーを所有しているとの事だったので、無理言って隔離期間中貸していただくことになりました。

これがなかなかの代物で、オンラインで世界中の人と、世界中のコースを走ることが出来、かつスマートトレーナーの種類によっては傾斜が再現されるようになっています(実際には負荷を自動的に上げ下げすることで坂を登って、下っているような感覚になります)

実際のプレー画面は以下の感じです

もちろん進んでいく間に景色も変わりますし、フェイスブックでいう「いいね」ボタンもあり、走っている仲間にメッセージを送ることも出来ます。(まあこれに関しては走ってる間にボタンを押す余裕は無いですけど)

試しに何回かコースを変えて走ってみたのですが、かなりキツイ

これに関しては使い方が良く分かってなく、選んだコースが登りばっかりのコースだったせいなのですが。

一時間も漕いでいたら床が汗で水浸しになってました。

なので実際に行う際には

– 床にヨガマットや大きなタオルを引く
– 水分補給をこまめに行う
– タオル等の用意
– そして子供がいる時にやらない。これは小さなお子様がいらっしゃるご家庭に(うちには4歳の息子がいます)当てはまるのですが、高確率で邪魔されるので、長時間のライドをしようと思うと全く完走できません。ですので私は早朝か深夜の子供が寝ている時間にコソコソ漕いでます( ´艸`)

目標としては14日間で200キロ走れたらなと思っています。

隔離明けに、実際の走行距離をお伝えできればと思いますが(これも誰にニーズがあるんだ)・・・

そしてもう一つ難点(私だけかもしれません)が、運動としてはいいのですが、あくまでも室内なので、漕げば漕ぐほど、

外で走りたくなる!

こればかりは隔離中どうしようも出来ないので、隔離明けには早速走りに行きたいと思います。

香港でロードバイクやっておられる方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。

是非一緒に走りに行きましょう。

実際はこんな感じです

この他にも運動系でいうと、アブローラー(ゴロゴロ腹筋マシーン)を暇を見つけてはやってます。

うちの息子もなぜかアブローラー大好きで一緒にやってます。

ここ数年、腹筋を6つに割ること(6パック)を目標にしてるのですが未だ1パックのままなので、そろそろバッキバキに割りたいと思います。

どなたか隔離中、または隔離経験者の方いらっしゃいましたら、室内で出来るお勧めの過ごし方等コメントしていただければ幸いです。

次回は運動以外での、隔離中の過ごし方を紹介させていただければと思います。

隔離解除まであと7日


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました